高齢のペットでもトリミングは受けられる?気を付けるべきポイントがあります

query_builder 2020/05/29
Queen’s_Spa_クイーンズスパ_森下駅前店シャンプー老犬
トリミング 高齢

%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%80%e9%ab%98%e9%bd%a2

「愛するペットにいつまでもかわいらしくいてもらいたい」といった気持ちから、飼い主はペットにトリミングを受けさせようと考えます。しかし高齢のペットの場合だと若いペットと違い、トリミングを受けさせるだけでストレスを与えてしまう場合があるのです。一体トリミングのどういったところがストレスになるのか?どういった点に気を付けなければならないのか?をみていきます。

 

1.トリミングの手順

トリミングの手順についてどういったものがあるかみてみましょう。犬もしくは猫によって多少異なり、その施術をしてもらうサロンによっても詳細は異なりますが、大きな違いはありません。今回は犬のトリミングの手順を例に挙げてみています。

 

1-1.爪切りや耳掃除

犬の爪は人間と違った形をしています。その爪は「かぎ爪」と呼ばれており、正面からみた時に楕円形のような形をしているのが特徴です。その爪が伸びすぎてしまいますと、飼い主や他人を傷つけ、犬自身を傷つけてしまう恐れもありますので、爪切りをしてやる必要があります。

 

耳掃除も大切です。犬の耳は人間と違う構造になっており耳の中が蒸れやすい構造になっています。そのため耳垢がたまりやすいのです。定期的に掃除をしてやりませんと、細菌が繁殖する原因になってしまいます。

 

1-2.シャンプー

犬の毛は手入れをしないとどんどん伸びていきます。そしてその毛は適度にケアをしてやりませんと、絡まったり縮れたりといった事態が発生してしまいます。また、体から出る皮脂や排泄物の汚れが付いてしまったりしますので、定期的に洗い流してあげるようにしましょう。このシャンプー工程ですが下洗いとメイン洗いといったように複数回行う場合が多いです。散歩や外遊びで体や毛に付く汚れは、それだけ頑固で落ちにくい汚れとなるのです。

 

1-3.乾燥

ドライヤーを使用して毛や皮膚を乾かしていきます。ここで毛の絡まりをきれいにとかしたりそろいの悪い毛を適度にカットしてあげたりします。以上のような手順を基本とし、トリミングを行うのが一般的です。

 

2.高齢のペットのトリミングで気を付けること

先ほどのトリミング手順は年齢の若いペットでも歳を取った高齢のペットでも同じような手順を基本としています。ですが、高齢のペットの場合は少し気を付けなければならないポイントがあります。

 

2-1.シャンプー・乾燥工程で気を付けること

シャンプーの工程では、一般的なトリミングコースだと、おおよそ10~20分くらいの時間が必要となります。年齢の若いペットならばその時間を耐えることができますが、高齢のペットの場合だと大きな負担になってしまう場合があります。

 

なぜ負担になるのかといいますと、体重5㎏ほどのペットにとって10分から20分といいますと、人間に換算すると1時間程度の時間となります。人間でも1時間もシャンプーされたりシャワーをあてられたりするのは、大きな負担になります。

 

またシャンプー後の乾燥工程も、高齢のペットにとっては負担になります。家庭用のドライヤーを使用して乾かす場合、人間なら髪の一部分に熱風が当たるだけですが、体の小さいペットだと体全体に熱風が当たることになります。よって体への負担が大きくストレスも大きくなるのです。

 

2-2.施術の時間も気を付けましょう

トリミング全体にかかる時間も、高齢のペットにとっては大きな負担・ストレスになります。一般的にトリミングにかかる時間はペットの種類によって異なりますが、2時間から4時間程度かかります。その間立ちっぱなしになっている時間も長くなりますので、足腰への負担が大きくなります。さらにそのストレスが、心臓へ負担を与える場合もあるのです。高齢のペットにトリミングを行う場合は、ストレスの少ない施術を行う必要があります。

 

2-3.トリミングが必要かどうかから考える

また、高齢のペットにトリミングをすることを考える場合、その施術が本当に必要なのかを考えることも必要になります。高齢のペットの場合だと既往歴がある場合もありますので、健康状態も加味して施術を受けることができるのか?受けさせる必要があるのか?を考えるようにしましょう。

 

2-4.ペットが高齢かどうかをしっかりと把握しておく

また、自分のペットが高齢かどうかをどこで判断するか?といった点も気を付けなければいけないポイントになります。ペットが拾われた場合や誰かからもらったといった場合、飼い主がペットの年齢を把握していないことがあります。そういったペットにトリミングを受けさせる場合、飼い主の想像以上にペットは負担を感じていることもあり得ます。

 

3.高齢のペットにトリミングを受けさせる時には、ペット主体で受けさせる

以上のポイントからいえることは、高齢のペットにトリミングを受けさせる時には、ペット主体で物事を判断し施術を受けさせるかどうか決める必要があるということです。

 

例えばシャンプーではきれいに洗うことよりも、いかに時間を短縮してスピーディーに行うかといったところに重きを置いた施術をするサロンを探すと良いでしょう。またペットの休憩のための時間を適度に与えてくれるようなサロンを探すことも必要です。場合によっては施術前に飼い主がサロン側としっかりと話合いをし、高齢のペットがストレスなく施術を受けられるよう配慮も必要になります。

 

4.まとめ

高齢のペットにとって長時間のシャンプーや乾燥工程は、大きなストレスになり得ます。長い時間立ちっぱなしになることや濡れっぱなしになることをできるだけ避けるよう、サロン側と相談してみてください。

 

東京都にありますペットサロン「Queen’s Spa」では、各種のトリミングコースをご用意いたしております。高齢のペットに対してもストレスの少ない施術を行っておりますので、ぜひご利用ください。

 

 

ペットホテルはこちら!

クイーンズスパ

営業時間 10:00~19:00 祝日お盆年末以外の水曜日10:00~17:00
森下駅前店:東京都江東区森下1-10-8
八丁堀店:東京都中央区湊2-1-2リバーウエスト1F
大島駅前店:東京都江東区大島8-5-6

----------------------------------------------------------------------

■Queen’s Spa クイーンズスパ 森下駅前店

住所:東京都江東区森下1-10-8

電話番号:03-5638-3911


■Queen’s Spa + クイーンズスパ プラス 大島駅前店

住所: 東京都江東区大島8-5-6

電話番号:03-5858-8860


■Queen’s Spa Rise クイーンズスパ ライズ 八丁堀店

住所:東京都中央区湊2-1-2 リバーウエスト1F

電話番号: 03-6228-3813

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG